宮川英之 社会保険労務士(特定)・行政書士事務所公式ウェブサイトです。

  株式会社と合同会社、どちらが得? - 宮川英之 社会保険労務士(特定)・行政書士事務所

株式会社と合同会社、どちらが得?

法人とは、法律によって人と同じ権利能力を認められた団体を指します。
また会社とは、法人の中でも営利を目的として集まった団体のことを言います。
会社には株式会社、合同会社、合資会社、合名会社と4つの形態があります。
大きな違いは、有限責任か無限責任かです。
合名会社は会社の社員全員が、債務に対して無制限の責任を持ちます。
この会社は、友人や親戚など関係の近い人で事業を始めるのに適した会社です。
合資会社は、無限責任、有限責任の社員がどちらもいる会社です。
合同会社は、有限責任のみの社員で構成されます。
株式会社の社員も有限責任のみの社員で構成されます。その違いは、株式会社のほうが一般的に、社会的信用度が高く出資額に応じて配当を得ることができ、合同会社のほうが設立時の手続きが簡単で、株式会社よりも費用が安く抑えられることです。
単純に考えれば設立を簡単にすませたいなら合同会社。利益、発展性重視なら株式会社が適しているともいえるでしょう。

労務に関する法律についてお気軽にお問い合わせください。

083-941-0135

平日 9:00 - 18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 介護保険創設の経緯介護保険創設の経緯 […]
  • NPO法人を設立するメリットNPO法人を設立するメリット NPO法人の正式な名称は特定非営利活動法人と呼ばれています。 NPO、社団、財団法人ともに非営利性がある団体とされていますが、その違いは […]
  • 労働保険とは労働保険とは 労働保険は、労災保険(労働者災害補償保険)と雇用保険の二つに分かれています。労働者の労働中の負傷や失業などのリスクに備えるために事業主は加 […]
  • 退職後の健康保険について退職後の健康保険について 会社を退職した方は健康保険の切り替えが必要です。国民健康保険に切り替える方法と、任意継続を選択する方法と、所得制限がありますがご家族の健康 […]
  • 『介護・宿泊などで試験』日経3.23『介護・宿泊などで試験』日経3.23 これまでも、外国人労働者の受け入れについて議論がなされてきましたが、4月の開始に向けて準備が進められております。 当事務所でも、外国人の […]

前後の記事

  前の記事
  次の記事
PAGE TOP