宮川英之 社会保険労務士(特定)・行政書士事務所公式ウェブサイトです。

  退職後の健康保険について - 宮川英之 社会保険労務士(特定)・行政書士事務所

退職後の健康保険について

会社を退職した方は健康保険の切り替えが必要です。国民健康保険に切り替える方法と、任意継続を選択する方法と、所得制限がありますがご家族の健康保険に被扶養者として加入する方法があります。

国民健康保険は、会社に勤務している間は加入できませんでしたが、退職することで加入できるようになります。しかし、健康保険料率は市町村で違います。自分が住んでいる地域の保険料率がどのくらいなのかを確認する必要があります。
任意継続は、2年間だけ、働いていたときと同様の健康保険に加入できるという制度です。退職した時の報酬相当か、28万円か、いずれか安いほうに保険料率を乗じた保険料を支払わなければなりません。ここで注意すべき点は、今まで会社と折半だった保険料が全額負担になってしまうということです。また、退職後20日以内に申請をしなければならず、その期間を過ぎてしまうと任意継続を選択できなくなってしまいます。

退職した年は働いていた時の最後の年収で保険料が計算されるので、国民健康保険料の方が高い場合がありますが、退職後2年目は退職後1年目の年収で保険料が計算されるため、任意継続より国民健康保険の方が安くなる場合もあります。

労務に関する法律についてお気軽にお問い合わせください。

083-941-0135

平日 9:00 - 18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 保険者、被保険者、被扶養者とは保険者、被保険者、被扶養者とは 保険者 保険を提供する立場にある人や、団体、組織(健康保険事業の運営主体)のことです。健康保険の保険者には、「全国健康保険協会」と「健康 […]
  • 『外国人受け入れ 都市集中を回避』日経新聞19/6/9『外国人受け入れ 都市集中を回避』日経新聞19/6/9  これまで外国人の受け入れに関して、3つの問題があり、1つに地域間の格差、2つ目に国際間での人材獲得競争、3つ目に日本国内での業界別の賃金 […]
  • 事業を行う場合、個人と法人のどちらがいいの?事業を行う場合、個人と法人のどちらがいいの? まずは、法人のほうが、節税対策がしやすいというメリットがあります。自分や家族の給与、退職金や生命保険料を経費とすることができます。加えて相 […]
  • 株式会社設立の手続き株式会社設立の手続き 現在2006年の法改正で株式会社を設立する際は、資本金が一円からでも設立できるようになり大変手続きがお手軽となりました。 設立には、 […]
  • 『介護・宿泊などで試験』日経3.23『介護・宿泊などで試験』日経3.23 これまでも、外国人労働者の受け入れについて議論がなされてきましたが、4月の開始に向けて準備が進められております。 当事務所でも、外国人の […]
PAGE TOP