宮川英之 社会保険労務士(特定)・行政書士事務所公式ウェブサイトです。

  事業を行う場合、個人と法人のどちらがいいの? - 宮川英之 社会保険労務士(特定)・行政書士事務所

事業を行う場合、個人と法人のどちらがいいの?

まずは、法人のほうが、節税対策がしやすいというメリットがあります。自分や家族の給与、退職金や生命保険料を経費とすることができます。加えて相続の点においても、相続税はかかりません。
そして何よりも法人のほうが社会的信用が大きいと言われています。
そのため、銀行の借り入れがしやすく、営業などの面でも、取引先の印象が個人よりも良くなるために、取引先が広がるといったことが考えられます。
デメリットとしては法人で事業を行う場合、個人で行う場合と比べて会社を設立する際の手間や費用がかかってしまいます。法人の場合は、定款を作成し登記をする必要があり、それには費用が掛かりますが、個人の場合は開業届を出すだけで、個人事業主となることができます。また、個人事業主である場合には、各々が国民健康保険と国民年金に加入することとなりますが、法人である場合、従業員の健康保険や厚生年金保険の加入などの手続きといった、事務作業等も発生します。
これらの点から、法人化のメリットを最大化するために我々専門家にご依頼いただくことも1つの解決策かもしれません。

労務に関する法律についてお気軽にお問い合わせください。

083-941-0135

平日 9:00 - 18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 労働保険とは労働保険とは 労働保険は、労災保険(労働者災害補償保険)と雇用保険の二つに分かれています。労働者の労働中の負傷や失業などのリスクに備えるために事業主は加 […]
  • 保険者、被保険者、被扶養者とは保険者、被保険者、被扶養者とは 保険者 保険を提供する立場にある人や、団体、組織(健康保険事業の運営主体)のことです。健康保険の保険者には、「全国健康保険協会」と「健康 […]
  • 介護保険創設の経緯介護保険創設の経緯 […]
  • 『企業の法令順守 監視 外国人実習生受け入れ』(日経3/10)『企業の法令順守 監視 外国人実習生受け入れ』(日経3/10)  以前より外国人実習生の労働環境が悪いということは知っていました。企業が社宅を実習生に1万円で貸し出していたが、実際の給与明細を見ると、2 […]
  • 会社設立にかかる費用会社設立にかかる費用 株式会社を設立する場合の費用としては、公証役場に要する費用として、定款認証手数料50,000円、定款印紙代40,000円(電子認証の場合は […]
PAGE TOP