宮川英之 社会保険労務士(特定)・行政書士事務所公式ウェブサイトです。

相続・遺言について - 宮川英之 社会保険労務士(特定)・行政書士事務所

相続・遺言について

遺言書の作成


遺言とは、被相続人がなくなった後の最後の意志を、尊重し法律的に保護するための制度です。
法律的に認められている要件について、相続人を遺言に従わせることができます。自分が死んだ後のことについて、自分の遺産を分割する際に、相続人が争わないようにし、また自分の代わりに人を選び、相続の決定を任す遺言執行者を指定できます。

遺言書には自筆証書遺言と公正証書遺言の2つの種類があります。
自筆の場合、いつでもどこでも、1人で作れるので、それだけ費用も安く済みます。ですが、発見されない、1通につき裁判所で検認手続きを要するなど、方式不備、内容不備など法的に認められない可能性がございます。

公正証書の場合、証人を2人以上たてて、公証人が遺言を書き取るため、作成に費用や手間がかかります。ですが、手間がかかる分、遺言の実現性が高く、検認手続きを不要、残された家族にかかる負担が軽くなります。

自筆証書遺言を作りたいが方式や内容を正しく書けるか不安な方、公正証書遺言を作成したいが作成の手順がわからない方、遺言書について相談したい方、ぜひご相談下さい。

報酬
自筆証書遺言書 報酬7万円+諸経費
公正証書遺言書 報酬10万円+諸経費+公証役場への手数料

公証役場への手数料

(公証人手数料令第9条別表)

目的の価額 手数料
100万円以下 5,000円
100万円を超え200万円以下 7,000円
200万円を超え500万円以下 11,000円
500万円を超え1,000万円以下 17,000円
1,000万円を超え3,000万円以下 23,000円
3,000万円を超え5,000万円以下 29,000円
5,000万円を超え1億円以下 43,000円
1億円を超え3億円以下 43,000円に超過額5,000万円までごとに13,000円を加算した額
3億円を超え10億円以下 95,000円に超過額5,000万円までごとに11,000円を加算した額
10億円を超える場合 249,000円に超過額5,000万円までごとに8,000円を加算した額

公証役場への手数料は、目的価格(財産の価格)に対応して、手数料が決定します。
また、相続・遺贈を受ける人ごとに、目的価格に対応する手数料を決定し、その手数料の合計を遺言書全体の手数料とします。
*目的価格が算出できない場合は、500万円とみなします。
*公証人が、病院や老人ホーム等に出向く場合、手数料が通常の150%となります。
(通常の手数料の150%の他に、公証人の日当、交通費も加算されます。)
*財産全体が1億円以下の場合、通常の手数料に加えて、11,000円加算(遺言加算)

例えば、公証証書遺言を作成する場合に、財産全体で3,000万円の財産を、配偶者に2,000万円、子供2人にそれぞれ500万円ずつ残す場合を考えると・・・
2万3,000円(配偶者の手数料)+1万1,000円(子供一人分の手数料)×2人+1万1,000円(遺言加算)=5万6,000円(その他交付手数料が1千円程度)

報酬
遺言執行 相続財産1億円未満:報酬30万円+相続財産総額の1.0%
1億円以上:報酬60万円+相続財産総額の0.5%

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書は、相続人全員が遺言の内容と異なる内容に合意した場合、遺産分割協議書で定められるほか、遺産を相続したとしても、その財産の名義を「遺産を分割した」として、正式に名義を変更する手続きを行う場合に必要です。

遺言書の内容通りに相続する場合、原則として遺産分割協議書の作成は必要ではありません。ですが、被相続人が遺産の分割の方法について定められていない、相続税を申告しなくてはならない場合、遺言と違う内容で、財産(預金、不動産、有価証券など)の名義を変更する場合、金融機関から遺産分割協議書の提出を求められます。

遺産分割協議書の作成について、書類作成のプロだといえる行政書士が最も安価で、なおかつスムーズに行えます。ご相談お待ちしております。

①依頼報酬(サポート料) ②相続人調査 ③相続関係説明図作成 ④遺産分割協議書等の作成 ⑤相続財産調査
5万円 3,000円 / 1人 3万円 8万円 *5万円~

※相続する財産の内容によって異なります。

相続財産 調査料
4,000万未満 5万円
6,000万未満 10万円
8,000万未満 15万円
1億未満 20万円
1,2億未満 25万円
1,4億未満 30万円
1,6億未満 35万円

*上記すべて税別表記となります。

労務に関する法律についてお気軽にお問い合わせください。

083-941-0135

平日 9:00 - 18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 『外国人受け入れ 都市集中を回避』日経新聞19/6/9『外国人受け入れ 都市集中を回避』日経新聞19/6/9  これまで外国人の受け入れに関して、3つの問題があり、1つに地域間の格差、2つ目に国際間での人材獲得競争、3つ目に日本国内での業界別の賃金 […]
  • 後期高齢者医療制度とは後期高齢者医療制度とは 後期高齢者医療制度とは、「後期高齢者」(75歳以上の方)だけを対象とする、独立した医療保険制度です。(寝たきり状態など、ある一定の障害を持 […]
  • 株式会社設立の手続き株式会社設立の手続き 現在2006年の法改正で株式会社を設立する際は、資本金が一円からでも設立できるようになり大変手続きがお手軽となりました。 設立には、 […]
  • 退職後の健康保険について退職後の健康保険について 会社を退職した方は健康保険の切り替えが必要です。国民健康保険に切り替える方法と、任意継続を選択する方法と、所得制限がありますがご家族の健康 […]
  • 労働保険とは労働保険とは 労働保険は、労災保険(労働者災害補償保険)と雇用保険の二つに分かれています。労働者の労働中の負傷や失業などのリスクに備えるために事業主は加 […]
PAGE TOP